猫好きな家庭教師の日記

猫好きなプロ家庭教師(東海地区)です。キャリア20年を振り返りつつ、日常の指導について思ったことを書いていきます。

中学1年生、初めての定期テスト。

昨年度、みごと志望校に進学した子たち(中1)が初めての定期テストを受けています。

 

ハッキリ言って、ヤバイです。

 

ここで私の思う事をいくつか書き留めておきます。

 

①プリント授業の先生が多い

私たちが学生の頃は、先生が黒板に書く→それを生徒が写す、

というのが普通だったように思いますが、

ここ最近はプリント授業の先生が多いです。

 

ここで問題が。

 

子ども(特に男子)はプリントの管理ができない!

 

もらったプリントの角をそろえて畳むことはもちろんできないし、

すぐにクッチャクチャになるし、あっという間になくします。

 

テスト範囲が発表されて、「授業プリントNo.1~No.4」とか書いてあっても、

そのプリントがどこにもありません。

これは大問題だと思うんです。

 

せめて教科ごとに2穴のファイルをが学校が用意してくれて、

配布プリントに穴を開けておいてくれればその場でファイリングできるのに。

 

プリントをきちんと管理するっていう教育は小学校ではやってくれないんですね。

親もきちんと教えてあげないんですね。

このまま大人になったらどうするんだろう。

 

②やっぱり英語がネック

私立中学はレベルの高い教育を受けられるというメリットがあります。

使用教科書も自由です。

でも前にも記事にしたように、中学受験をしていた子たちは受験のための塾以外の習い事をしていないんです。もちろん英語の塾にも通っていません。

小学校の英語の授業しか受けていない子が、いきなり100近い単語を覚えろと言われても無理に決まってます。

 

小学校の英語の授業がつまらないから、中学に入る前から「英語キライ」って言っている子も多いです。

受験勉強をしていると、国語・算数・理科・社会に関しては学校の勉強は難しくありませんが、英語だけは「サッパリ ワカリマセン」な状態で中学生になります。

普通の公立中学に行く子たちよりも英語の知識は少ない場合が多いです。

 

なのに、入学したとたんに「はーい!ジャンジャカ単語覚えてね!」と言われてもそりゃ無理だって話なんですよね。

 

今まさに中間テストの真っ最中ですが、結果が恐ろしいです。

 

 

小学校で英語をやる必要ってあるのかな…。

どうせやるならもっと書くことをメインに授業して欲しい。

簡単な単語くらい書ける状態にして中学に送り込んであげて欲しい。

アルファベットの名前と発音くらい叩き込んでおいて欲しい。

簡単な会話を少しやったくらいで、小学校に英語導入!とか言わないで欲しい。

もし本当に会話重視の教育をしたいなら、高校入試にも導入しなきゃ意味がない。

 

・・・と、ボヤいてみました。

子どもたちが偉い大人に振り回されて、なんだかかわいそう。

書き順のナゾ

私は漢字の書き順には自信があります。

生徒にもうるさく指導します。

 

 

・・・が!

 

つい最近ショッキングな事を知りました。

「書」という字の書き順です。

私は縦線を4画目に書き、横線2本を書いてから下の「日」を書きます。

絶対これが正しいと思っていたのに、

なななんと、小学生の漢字ドリルによると縦線は6画目だそうです。

 

ウソだウソだ~!

縦線は4画目って習ったはずなのに…。

「コラーッ!縦線書いてから横線だろがーっ!」って

めっちゃ生徒に言ってしまっていました。

ビーン

 

ネットで調べると、どうやら30代以上と20代以下でこの差が生じているらしい。

どういうことじゃコラー。

30代以上の方、縦線は4画目って習いませんでしたか…?

 

 

書き順についてのショッキングなお話がもうひとつ。

 

少し前に小6の生徒が「楽」という字の上部、白の右側の部分を

右上→左下、右下→左上、という方向で書いていたのです。

つまり、9画目を下から上へ書いていたということです。

 

ありえなーーーーい!と思い、訂正させてはいますがなかなか直りません。

 

 

こんな子は初めて見たし、この先もいないだろうと思っていたら…

 

半年もしないうちに今度は小3の生徒が同じ書き方をしていたのです。

これまたすぐに書き直させて、絶対に直すようにと言ってあります。

 

 

先ほどの「書」のような書き順とは違い、これは深刻な問題だと思います。

小3はともかく、小6ともなれば他の漢字でその向きのパーツなんて

1つもない(そもそも書きにくい)ことに気づいてもよさそうなのに。

 

しかも学校の先生も親も気づかないなんて。

こんなの書いているところを見なくたって、書いた字を見れば一目瞭然です。

 

 

ここ何年かで小学生にも英語の授業が導入され、

プログラミングの授業も導入されるそうじゃないですか。

国としてはインターナショナルな人材を育てるのにやる気満々なのかもしれないけど、

まともに字も書けない人間を増やしてどうするんだろう。

 

活字アレルギーの子も多いし、文章をまともに読める子が減っています。

自分の国の言葉もまともに使えないのに英語だのプログラミングだのって…。

ハズカシイ日本人が増えてるyo!!

 

もう少し、きちんとした字を書くことの重要性を教育してくれないかなぁ。

・・・ひょっとして、「きちんとした字を書くこと」自体がもう不要ってこと?

だとしたらつまんない国になっちゃうな~って思っちゃいます。

 

きれいな字を書くことを美とする日本文化、私は好きだけどなぁ。

中学受験、する?しない?

いやーん。サボりまくってしまいました。

とりあえず言い訳をしまーす。

だって仕事が忙しいんだもん。

新学期の準備でテンテコ舞いなんだもん。

 

というわけで、新しい年度が始まりました。

中学受験をするために新たに入塾した3年生・4年生も多いのではないでしょうか。

 

私は個人契約の生徒さんと、派遣会社を通した生徒さんがいます。

今の時期は派遣会社さんから新しいお仕事を依頼されることが多いのですが、

先日、「新4年生のお子さんの体験指導」というミッションを頂きました。

 

てっきり中学受験の塾に通ったうえでのフォローの指導かと思いきや・・・。

まだハッキリと中学受験をするかどうかは決めていないとのこと。

子どもが受験したいと言った時にスムーズに始められるよう、

この1年は家庭教師オンリーで基礎学力をつけさせたい、とのことでした。

 

ムムム。

これはかなり難しい案件です。

 

もちろんお仕事を頂ければそれだけの収入を得られるのですが、

「では試しに1年やってみましょ~」

なんて無責任なことは言えませんでした。

 

事前にもお母さんにお電話で話を伺い、

・中学受験をするにはかなりの覚悟が必要

・今は4年生から本格的に始めるのが主流だから、1年様子を見るのが吉と出るか凶と出るかは微妙なところ

・家族全員で協力してあげないといけない

・1年くらいやってみて「ダメだこりゃ」と思ったら潔くやめる勇気も必要(そうでないと子どもが苦しむだけなので)

 

というようなお話をしました。

もちろん体験指導に伺ったときもきちんとお顔をみてお話をしました。

完全なる脅しです。コワイヨー。

でも現実を知ることって大事だと思うんです。

 

勉強を強いられるのは子どもです。

子どもの将来を考えて私立に行かせたいと思うのはとても良いことだとは思いますが、

子どもが過酷な日々を過ごすことになるのは事実です。

 

体験指導後、指導継続かどうかというのは派遣会社さんから連絡をいただくのですが、

「子どもときちんと話をしてから返事をしたい」とのことだそうで、

とりあえずは保留ということになりました。

あ。「先生のことは大変気に入って頂けたのですが」という前置きアリだったので

断る口実ではないと思います(笑) 

 

・・・たぶん。

 

子どもの気持ちや意思をきちんと確認されてからのお返事ということで

とても安心しました。

きちんとした親御さんなんだと思います。

 

中学受験って、本当に体力もメンタルも消耗します。

これから中学受験を考える方がいらっしゃったら、

じっくりじっくり考えて、お子さんともよく話し合って決めるのをお勧めします。

 

 

体罰ってなんだ

少し久しぶりの更新です。

・・・というのも自分で考えたテーマなのに、

テーマが重すぎてなかなか記事が仕上がりませんでした。

色んな意見があって当然のテーマだと思いますが、

自分なりに思っていることを書きます。

 

今のご時世、体罰はタブーとされていますよね。

でもそのせいで学校の先生たちはビビりまくり、

生徒はちょっと小突かれたくらいで「体罰を受けた」と言います。

そして先生は生徒にナメられる一方。

そりゃ授業崩壊もするでしょう。

 

子どもの虐待も大きな問題になっており、

逮捕された親は決まって「躾のためにやった」と言います。

 

「叱らない子育て」なるものも流行っているみたいですが、

正直言ってそれは「体(てい)の良い、親の手抜き」だと思っています。

子どもの間違った言動に対し、いちいち「躾」をするのは大変な苦労です。

いけないことをしても「も~。まぁいいわ。次からはダメよ~」なんて

言っていても子どもの言動が改善されるわけはありません。

ダメな事をしたのなら、その場で訂正させるべきだと思うのです。

 

靴を履かずにピャ~っと外に出て、そのまま家に上がる子がいます。

お母さんは「こらー!靴を履きなさい!」と言うだけ。

 

言うだけ。

 

言うだけなんですよね。

だからその子は直りません。

 

首根っこ掴んででも、靴を履かせるべきだと思います。

もし裸足で外に出たまま家に上がろうものなら、

目の前で雑巾がけをさせるべきだと思います。

 

「いけないことをしたから叱る」って、そんなにいけないことですか?

 

私は指導中に、何度言っても言うことを聞かない場合はゲンコツをお見舞いします。

 

もちろん、何度も言って聞かせた結果です。

何度言っても返事をするだけで行動に移さないのなら、

痛い思いをして「痛い思いをしたくないからやめよう」と思わせるしかないと

思うんです。

 

きちんと予告もします。

「次に〇〇したらゲンコツね」って。

それでも同じことをしたらゲンコツ食らって当たり前ですよね。

 

極端な話になりますが、法律だって同じことです。

「人を殺してはいけません」という法律を破った殺人犯に、

「もうやっちゃダメだよ」で無罪放免しますか?

徹底的に証拠を洗い出して、状況も加味した結果、

「刑務所に〇年入って、更生しなさい」って言われますよね。

 

子どもは何も知らない状態で生まれてきます。

その子が社会に出た時、

人に迷惑をかけないような大人にしてあげるのが親の務めであり、責任です。

 

何も知らないということは、

自分のやりたいようにやるのは自然なこと。

ただそれが人に迷惑をかける行為であったり、

常識的にやってはいけないことだったら

「ダメだよ」という事を教えないといけません。

 

最低限の躾をしないまま子どもを小学校に送り、

学校で先生に叱られたら親がクレームを入れるなんて意味が分かりません。

 

お友達を叩いてはいけません、

授業中に立ち歩いてはいけません、

ご飯中に立ち歩いてはいけません、

クチャクチャ食べてはいけません、

あいさつはきちんとしましょう、

呼ばれたら返事をしましょう、

靴はきちんと揃えましょう、

子どもに教えてあげるべきことは無数にあります。

ひとつひとつ、根気よく教えてあげなければいけません。

 

いくら躾だと言っても、これは体罰だよね(やってはダメだよね)と思うのは、

例えば

ご飯を食べさせない

ベランダに放置する

ケガをするほど殴る、蹴る

監禁する

・・・というような事だと思います。

 

でも、ゲンコツとかほっぺをつねるとか、そこまでも「体罰」と言われてしまったら

どうやって子どもを育てるんだろう。

いけないことをしたらダメだって、どうやって教えるんだろう。

何回も何回も言ってもダメならどうするんだろう。

 

というわけで、私なりの結論。

「ゲンコツ程度は体罰ではない。躾には必要なもの。」

であります。

 

 

・・・なんだかよく分からない記事になってしまいました。

チーン。

こんな悩みもあるのです。

家庭教師をしていると、子どもの様子を観察できます。

特に気になるのは

①衛生状態

②クセ

この2つです。

 

まず①の衛生状態について。

一番目につくのは爪の長さです。

小学生の男の子が平気で5mm以上も爪が伸びていて、

もちろん真っ黒な爪垢が溜まっています。

非常に不衛生で、気分が悪いです。

 

私は常に爪切りを持ち歩いているので、その場で切ってあげちゃいます。

「こんなに爪を伸ばしてはだめ。汚いよ。」

「鼻くそほじるために伸ばしてるの?」

とか言いながら。

嫌がるかと思いきや、意外と素直に切らしてくれます。

ちょっとうれしいの?って思うくらいです。

 

指導後にお母さんの前で

「先生が来る前には爪を切るように」

と言い聞かせます。

お母さんは

「いつも切りなさいって言うんですけどね…」

でおしまい。

そりゃ切らんよ。

目の前で切らせるか、お母さんが切ってあげなきゃ…。

 

というより、そもそもお母さんが気にしていない=見ていないんだと思います。

お母さんが忙しいのは分かるけど、基本的な躾ですよね。

 

爪の次に気になるのはニオイ。

みんな成長期真っ只中だから仕方ないとは言え、強烈なニオイの場合もあります。

それ、学校でいじめられない?って思うレベルの時はお母さんにこっそり報告します。

体臭もそうだけど、口臭もかなりのもの。

正直言って、必ずマスク着用で伺うお宅もあるくらいです。

「花粉が~」「風邪予防で~」と言い訳はできちゃうので。

 

お母さん、気にならないのかな。

それがすごく不思議です。

 

 

次に②のクセ。

これは勉強中のみに現れる=ストレス発散手段である場合が多いでしょう。

つまり、お母さんはあまり目にすることのないシーンだったりするわけです。

 

よくあるのは、爪噛み・頭をぼりぼり掻く・毛を抜く、などです。

今までに一番強烈だったのは、中2の女子だったのですが、

お尻(しかも肛門)を直でボリボリ掻いてからニオイを嗅ぐ子がいました。

その子の前では見ないフリをしておきましたが、

そのニオイは私にも匂ってきていました。

 

さすがにコレはまずいと思って、お母さんにこっそり報告しました。

あくまで「心配していますよ」という意味で。

ギョウチュウとかいたら大変だし、

ひょっとしたら生理でかぶれたりしているかもしれないです、と。

 

結局解決しないまま終わってしまいましたが、あれはキツかったです。

 

最近だと、頭を掻く→ニオイを嗅ぐというのを延々続けている女の子がいます。

こちらに匂ってくるわけではないし、不衛生ということもないので今のところは

お母さんにも何も言っていませんが、

それって学校でもやってるとしたらみんな見てるよ…とちょっと心配ではあります。

 

小学生男子の場合は注意もしやすいのですが、女の子となるとなかなか難しいです。

小学生男子あるあるは、鼻くそをほじる、股間を掻く、ですね。

「おい鼻くそほじるな」

「おいチ●コ掻くな」

と言ってやりますが、中学生~高校生ともなると後者は言えなくなりますね。

 

はぁ~。

家庭教師にはこんな悩みもあるってことを、ちょいとボヤいてみました。

家庭教師という仕事③

今日は家庭教師を雇うメリット②について書こうと思います。

 

親御さんと情報交換がしやすいのは、お付き合いの長さにもよりますが

生徒の年齢が低いほどメリットがあると思います。

 

高校生くらいになると親が勉強に口を出すことも減りますし、

そもそも親に口出しさせている方が不自然かなとも思います。

 

家庭教師はご存知の通りマンツーマンでの指導なので

生徒の精神状態が指導に大きく影響します。

私は、生徒のメンタルケアも家庭教師の仕事の1つだと思っています。

 

よくあるパターンとしては…

中学受験を控える小学生の場合、完全にその子のキャパを超えてしまうこと。

 「なんで自分ばっかり」

「もう勉強やだ」

そんな思いがボヨヨーンと大きくなって、抱えきれなくなります。

 

ちょっと様子がおかしいな~と思ったら

「どうしたのー?元気ないけど何かあった?お話聞くよ?」と

声かけをしてみます。

でもほとんどの場合、

「何でもない」

という答えが返ってきます。

 

こういう時は思いっきり泣かせると気持ちが少し楽になることが多いので、

「〇〇(生徒の名前)はさー、頑張ってると思うよ。

他の子はみんな遊んでるのに自分は毎日塾だし、

塾が休みの日は私が来ちゃうし。

親は勉強しろしか言わないし。

いやになっちゃうよね。先生も中学受験したからよく分かるよ。」

なんて言いながら頭ナーデナデしてあげると

だいたいの子はグスグス…ビェーーーと泣いてしまいます。

 

そしてだいたいの場合は

「もし受験を辞めたいなら先生も一緒にお母さんに話してあげるよ」

と言うと、

「辞めない」

って言います。

 

まだ12年くらいしか生きていない子が、

とてつもなく大きなプレッシャーと闘っているんですよね。

親の期待に応えたいという気持ちも大いにあるんです。

でもそれを抑えてでもガッツリ戦いに挑むほどのキャパはありません。

ギリギリのところで頑張っている彼らを支えてあげなければならないのです。

 

中学受験の場合、生徒はもちろんですがお母さんのメンタルケアも必要です。

電話やメールで愚痴を聞くことも多いです。

 

また、毎回直接お会いできるので、次の指導までの間にお母さんにフォローして

欲しいことを具体的に伝えることもできます。

そうすることでお母さんも受験勉強に参加しやすくなりますし、

毎日毎日一緒に勉強することで子どもの大変さを体感できるというメリットも

あります。

 

生徒が中学生の場合は、「ザ・反抗期」なのでケアの仕方も少し変わります。

まずは「もう小学生じゃないから、子ども扱いしないよ」ということを伝えます。

 

小学生の時から教えている子の場合は特にそうですが、

今までとは違った対応をしてあげます。

時には「ちょっと聞いてよー」と、私が愚痴ることもあります。

ちょっと大人扱いされることで、先生の信頼を裏切ってはいけないなと自覚することも

大事だと思うんですよね。

 

反抗期なのは当たり前なので「盛大に反抗するがよろし」と伝えます。

その代わり、人として言ってはいけないこと・やってはいけないことはするな。

それが区別できないなら反抗する資格はないし、

そもそもそれは反抗ではなくてただのワガママだぞ、

と釘は刺しておきます。

 

生徒とはそんなやり取りをしながら心の状態をさぐり、

お母さんには本人のいないところで伝えます。

本人の前でお伝えするのはその日の学習内容くらいです。

小学生のときのように、本人たちの目の前でダメ出しすることは極力控えます。

あまりに目に余ることはわざと目の前で言うようにしますが、

彼らのプライドに関わることは控えるようにしています。

 

塾でもある程度のフォローは可能だと思いますが、

このくらいガッツリなフォローができるのは家庭教師だからだと思います。

賛否両論あるかもしれませんが、これが私のスタイルです。

家庭教師という仕事②

前回のつづきです。

 

家庭教師を雇うメリットとは一体なんでしょう?

私の思うメリットは、

①完全マンツーマンのため、その子に合った指導ができる

②毎回親御さんとお会いできるので、情報交換がしやすい

主にこの2つです。

 

①を実現させるためには、準備にとてつもなく時間がかかります。

通っている学校も学年もバラバラの生徒を10人受け持っているとすると、

教科書を必要な分だけ買いそろえ、

その子の弱点を強化するためのプリントを作り、

必要な子には小テストを準備します。

 

●生徒が高校生の場合●

私は英語の予習を必ずさせて、

復習として教科書の穴埋め問題をテストしますが、

予習のためのノートがどうしても自分で作れない子には

全て手書きでノートに英文を書き写してあげます。

色々書き込むことを考えると、教科書のコピーでは1文ずつの改行もなく、

行間も狭いのでダメなんです。

 

パソコンで英文を打ったものをノートに貼らせてもいいのですが、

これまた意外とめんどくさい作業になってしまうんです。

「プリントを貼れるちょっと大きいノート」を買わなければなりませんし、

ノートに貼ったプリントって書き込みにくいんですよね。

 

できあがったノートは手渡す前にすべてコピーをとり、

全訳+穴埋め問題+定期テスト風の練習問題を作ります。

これだけでもすごく時間がかかります。

 

高校生が相手だと、教科によっては私もうっかり記憶が飛びかけたりするので

同じ問題集を買って勉強し直さないといけないこともあります。

 

●生徒が中学生の場合●

英語は教科書の穴埋め問題を作っておいて、

学校の授業に先行してまずは内容を説明します。

次の週に穴埋めのテストをしますが、その間に学校の授業も進むので

理解が進むと思っています。

 

数学もできれば学校の授業に先行して内容を説明し、

学校の問題集を解かせながら理解させます。

その状態で授業を受けてくれば、「ちんぷんかんぷん」は回避できると思うので。

 

どうしても理科や社会が苦手な子がいれば、

コツコツ積み重ねていけるように小テストを準備します。

 

●生徒が中学受験を控える小学生の場合●

中学受験を控える小学生には毎日計算の宿題を出すので、

問題を全て書き写した状態のノートを渡しておきます。

現行のノートがなくなる前に次のを用意しなければなりません。

基本的には週に1度私がチェックしますが、

本当に苦手な子の場合は計算過程をすべて書いた解答を作って、

親御さんに毎日チェックしてもらいます。

 

暗記が苦手、漢字が苦手な子には小テストを用意して

毎週コツコツやらせるしかありません。

 

 

これを10人分、実働の前にこなさなければなりません。

時には休日返上を強いられることもあります。

 

でも、誰かにやれと言われているわけではないので、

ここはサボろうと思えばどれだけでもサボれるポイントなんですよね。

 

私はこの作業も、頂いている指導料に含まれるものと考えているので、

実際の時給はすっごく低いと思っています。

ボーナスも無いし…(泣)

 

でも、私が生徒に時間と気持ちを注げば、

いつかそれが生徒のやる気や成績という形に変わってくれると信じています。

 

またまたつづく。

次回はメリット②について書こうと思います。